Windows10 32bitから64bitに。無料で公式認証OK

スポンサーリンク

クリーンインストールする。



Windows10は、HOMEからProなどの変更は出来ないが、
32bitから64bitには、ライセンス認証オーケーとの事!!

我が家のデスクトップは、XP時代から、Windows7にして使ってたので、32bitです。(古いそろそろ買い換えれば〜 →あまり活躍してないので、いいんです。)

Windows7から10への無料アップグレードは、出始めの頃にすぐにしましたが。
今回は64ビット化に向けて、クリーンインストールを実行しました。

  • まず、クリーンインストールをしてもOKな人 が64ビット化への道に行けます。
    (CPU、ドライバ、マザボ、グラボ、など64ビットでも動作大丈夫かどうかは事前に調べるか、運任せでw →万が一駄目そうならやりなおして32ビットをクリーンインストールすればと。)
  • すでに32ビットのWindows10にアップした人、でもOKです。
  • これからクリーンインストールしてWindows10にする人、OKです。(マザボを変更する。とか同時だと、認証エラー出るかもしれません。)
    (同時に、HDDをSSDにしよう。の人は、調度良い機会だと思います!)
  • ノートPCも出来ます。
↓SSD

必要な物

  • インターネットできるパソコン
  • USBメモリか、DVD2枚
  • プロダクトコード
  • そこそこの時間
DVDだと、32・64ビットで、1枚づつ必要です。64ビット版だけでよければ1枚だけ。



あとは、ここ公式サイトから、ツールの作成です。
Windows 10 ISO
ディスク作成


実行。インストールは簡単。

USBメモリ(DVD)から起動で、インストール。

起動時に黒い画面で、F12 やF2 などで、USB−HDD(DVD)からBootします。



このような画面から全然。進まない。と思っても我慢して、待ちましょう。





あとは、画面通りに進むだけです。
途中にプロダクトコードの入力を求められます。

スキップして、後で入力する事も可能。(会社のDELLでやった時は、スキップしても自動で認証してくれてました。HDDなど何も交換せずだったからか?!)





完了!



↑32ビットの時〜

↓64ビットがある時〜 メモリ2GB×2 もめいいっぱい使えます!



PCIが認識しなくなり、先日増設したビデオカードが認識しなくなりました(泣)

ドライバもAMDのサイトからもインストールできないし。

激しい処理、何もしないので、まあいっかにしてますw



↓高速を超体感できるSSDに。安くなりましたね〜

スポンサーリンク