MacBook Airに、VirtualBoxを使って、Windows7をインストールしてみました。インスト編

スポンサーリンク

インストールディスクから、isoファイルを作成した物を、VirtualBoxに読ませます。

VirtualBoxで準備が出来てる状態からスタートです。

準備編こちら  →isoファイル作成編はこちら


Oracle VM VirtualBox マネージャー



ヴァーチャルボックスで準備した箱を、初めてダブルクリックすると、スタートアップディスクを選んで と言われます。

Select start-up disk



作った isoファイルを選び、スタートします。

Select start-up disk-1
Win7pro32bit [Running]-1





10分ほど経ったと、セットアップ画面が出てきます。
この辺はあまり目新しくもないですが。
どんどん次へ次へで進めます。
Win7pro32bit [Running]-2 Win7pro32bit [Running]-4

Win7pro32bit [Running]-5

Win7pro32bit [Running]-6

Win7pro32bit [Running]-8

Win7pro32bit [Running]-9

Win7pro32bit [Running]-10
Win7Pro32bit [Running]-14
無事に起動しました!!Win7Pro32bit [Running]-15


あとはちょっとした設定をしました。 フルスクリーンモードで、フルにならなかったので、調べたところ、設定が必要との事でした!

また、次回に!

スポンサーリンク